万年疲労困憊な民には、このタイトルは響きすぎます。

おはようございます!

子供は多いわ、養育費ゼロのシングルマザーだわのmanbo家にとって、本を買う、というのはバースデーかクリスマスかお正月か酔っ払った時のお土産か、というくらいレアでした。

だから、あちこちの図書館で毎月2回、限界まで本を借りて、子供たちとホクホク詠んでましたの。

実にうちの母も、私、兄、おとうとの年子兄弟を育てる貧しい暮らしの中で、毎日図書館に連れてってくれてたんです。私たち兄弟は図書館の本や紙芝居の場所、ほとんど暗記してたくらい。たまにしか会えない父のお土産も本でしたし。本って、雑誌でも冊子でも、とても、スペシャルなものでした。。からの、いまの仕事に繋がってると思います。

図書館の本のおかげで。デザインや編集部だけでなく、ものづくりの人生へと、、

とはいえ最近は仕事で必要だったりしてネットで本を買うことが多くなりましたが、ほとんど図書館に寄贈します…あまりのしょぅなさに捨てられてる可能性も高いのですが、、、。ほかにも、、在庫(売れ残り)だけどエコバッグとかも寄贈してます…もうちょっと稼ぐようになったら、もうちょい貢献します!

こないだの、生放送の後のワンショット。

んで、そうこうしてる間に子供たちも巣立ち。N氏(14)と二人暮らしなので、月に借りるのは60冊くらいになりました。

ふたりだと、おいしいスイカも残るのだ。

ちょっと疲れた時、くたびれた時、図書館は最高のバロメーターになるんです。

あれもこれも読みたいって思うのは、正常。どれもこれも興味ないわ、って思ったら、やばい。

普段から人と過ごす時間が多いから、楽しいもおもしろいも相手につられてることが多くて、自分でもよくわからなくなるんですよね、自分の状態。…ということも含めて、図書館は、整体や鍼や気功の手前にあるステキな施設なのです。しかも、、びびたる税金払ってるから無料。

スラムダンク読破も、図書館の本のおかげ。

で、最近面白かったのは、、、個人的にはたくさんあるけど、、みんなにシェアしたいのは、疲れない体を一気に手に入れる、の本。

すごい独創的なんだけど、それ、、、なんかめっちゃわかる!し、やってみたら、ほんとだすげー!ってなりますから。努力してるのに身体的な自信を無くしてる人にはオススメ!

manbo的には、、仕事柄、人と話してる時間が長いのです。朝早くから夜遅くまで、楽しいんだけどくたびれる、という懸案事項がありました。そこで、疲れない話し方、というのをめっちゃ探してたんです。

この本には、目、耳、鼻、喉、舌の、正しい使い方がめちゃくちゃ細かく書いてあるんです。

これをコンプリートしたら、疲れない喋り方ぎ手に入るぞ!と、ただいま練習中。

デスクワークでついつい足組んじゃうひととか、猫背になっとゃうとか、そんなこともめっちゃ詳しく説明してくれてます。もちろん改善方法も。

おもしろかったのは、最後の章の、距離を測るって概念。心が病んでしまう人は、苦手な人と一体化してしまっているよ、って。相手と自分との、距離を測ってみてって。で、その方法がかいてあるの!

とりあえず、おすすめなので、読んでみて〜。では、いってらっしゃい!

投稿者: manbosblog

広島の県北、北広島町でカサコソ制作作業をしつつ、インドネシアのコーヒー、紅茶、塩の輸入をしてます。時々、産地視察と探検で日本を離れております。以前のブログは→https://manboblog.exblog.jp/ (株)ライフデザインマンボ 代表取締役

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。