幸福と幸福度その2

IMG_8507.jpeg
バリ島クサンバの環境ホルモンの影響を受けない海洋深層水からうちの塩は作られていますの。

では次回!などと言って危うく数ヶ月が過ぎようとしておりました。しかも、ラインの毎朝の配信を週一に変更せねばならなくなり、明日からはおはようはブログで更新になったため、まずはこのベビーなやつをやっつけねばなりません!汗

ということで、すっかり熱も覚めた幸福と幸福度の話。。

スクリーンショット 2022-04-25 8.49.44.png
近所の桜並木。散歩ついでに夜桜!

思えば、春には桜が大変美しく咲き乱れており、ついつい写真ばかり撮っておりました。写真を撮るって、楽しいですよね。

写真を撮れる状況があると、世界の見え方が変わる。写真を撮ろう、誰かに見せよう、というフィルターがかかってるから、見るものすべてが被写体化。目に映る全ての人がモデルさん。

以前、何かのセミナーかなんかで学者さんから聞いたのですが、人は手を叩くと脳が活性化するそうです。

スクリーンショット 2022-04-25 8.50.13.png
とにかく美しいの極みでした。。

写真を撮るってことも、なんだか同じような気がする。少なくとも、物事の認知は上がるような気がする。とはいえ、写真に映せないものの方がたくさんあるのだから、写真を撮る、直接見る、のバランスが大事だとは思います、が、何かにとっても夢中なときって写真なんて撮るの、忘れちゃうよね。でも、思い出はむしろ色鮮やかに残るのです。

とはいえ、保険屋さんに提出するための破損場所、会計ソフトにアップするためのレシート、そのようなものを撮ることを除けば、人は写真を撮る瞬間って猛烈に幸福度が高いのではないかとぼんやり思ったりします。

しみじみ向き合ってみると、幸福と幸福度は一見すると似ているが、その実、イチゴとイチゴ味くらい違うのではないか。というそもそもな所に気がつく。

よく、幸福とは「願ったことが叶った状態」と言われますが、、漠然とした幸福は定義できても、それが人類に当てはまるわけではない。そもそも、願う、って、、。いまの社会基盤は先人方の強い願いで多くの犠牲のらもとに勝ち得たもの、のはずだが、ほとんどの人は文句しか言わない。

願いを叶えて不幸になる事例は、掃いて捨てるほどある。

人はふつうにわがままなのだ。願ったことが叶った状態であっても、不幸だと言うものなのだ。

個人的には、今置かれている状況がどうであれ「心が自由で良い方に向かっているのではないかという希望のある状況」って少なからず幸福なのではないかと思う。

あと、わかりやすく大切な人が、わかりやすく幸福だ、と感じていると感じているき、幸福なのではないかと思う。ポジティブな姿勢は不本意に周りの人を幸福にしてしまうのだ。そして人は、幸福を求めているから、幸福にしてくれる人の周りにはいつも人がたくさん。

もっとわかりやすく「幸福」を定義しようとするなら、それはもう超瞬間風速的なもので、何はともあれ細胞レベルで「イエイ!!」ってなる瞬間を指すのではないかと。これが、「願ったことが叶った状態」の定義に当てはまる気がする。

そして、多くの人がこのような瞬間風速的なもので幸福を実感しているとしたら、幸福度、幸福レベル、と言うようなものはもはや、記憶力との因果関係が非常に高いと思われてくる。

例えば私なんて、ほとんど昨日何してたかとか、食べたかとかも全く思い出せないので、瞬間風速的幸福は瞬間で消える。同様に痛い目にあったことも割と忘れている。これはこれで幸せなことのような気もしつつ、、

結論、幸福度を上げるためには。

  1. 具体的に願う。
  2. 願ったことが叶っとき、願っていたことを反芻させ、深く喜び感謝する。
  3. 願ったことが叶ったことを、忘れない。

この三つがめちゃくちゃ重要なのだな。と、気付かされます。この三つって、、ちびっ子とか見てたらよくやってるよね。。幼子に習うべし。

夜もふけてきましたので、いったん終わります。みんなも可能な限り、幸せだな〜って言いながら暮らしましょ!

アディオス、アミーゴ!

投稿者: manbosblog

広島の県北、北広島町でカサコソ制作作業をしつつ、インドネシアのコーヒー、紅茶、塩の輸入をしてます。時々、産地視察と探検で日本を離れております。以前のブログは→https://manboblog.exblog.jp/ (株)ライフデザインマンボ 代表取締役

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。