幸福と、幸福度


見る人をちょっと幸せな気分にしてくれる世羅町のゆるキャラ「小国丸」(相撲バージョン)

コロナのおかげでどこに行っても自分や友達の体温がわかるようになりましたね。

…はじめの頃は、、そう、あの頃は楽しかった。。

検温モニターとかあったのは、一部の大手企業や百貨店だけ。その都度なかなか信憑性のある数字を秒速で判定してくれたものだった。

ところがだ。補助金ジャブジャブムーブメントにより末端まで体温感知マシンが導入された昨今、ほんまかいなと言うような数字が叩き出されるようになった。…気がしません??

体温測らないと屋内に入れない。だから検温する。しかしその数字が、、全身全霊で寄せて行っても、んなわけねーだろ、と言うような体温。それでも誰も文句を言わないのってのが、、、、どんな頑固そうなおじいちゃんであっても、輩であっても。

コロナパンデミックの世界観に対する低姿勢っぷりには、もう脱帽です。

ま、それはさておき、温度、測るたびに思うことがあって。温度って基準がはっきりしてるから意味があるんですよね。温活女子とかは37度をキープしよう!とか言ってますし。私は低体温なので37度あったら結構な状態になっちゃいますけども、、などと言う多少の個人差はありつつも、考え方のベースになるものであります。

そんな中、昨今騒がれている「幸福度」って、、、ざわざわ。

「幸福」について多角的に短くまとめられているコトバンク。漢字多いけど読んでみて欲しいものだ。

からの、幸福度って、、、

ここでおさらいしておこう。世界ランキングまであるコモンな単位、幸福度。日本は56位なんですって。そもそも最下位って何位??(153位のアフガニスタンでした)1つ言えるのは、殺人増加で刑務所がフルで非常事態宣言をしているエルサルバドル共和国よりも低い。

「0」~「10」までの11段階のはしごをイメージし自分自身の生活への満足度がいまどこにあるのかを判断していく調査手法だそうで。項目は以下。詳しくはググってちょ。

1.一人当たり国内総生産(GDP)
2.社会保障制度などの社会的支援
3.健康寿命
4.人生の自由度
5.他者への寛容さ
6.国への信頼度

ぼんやりしてる。非常にぼんやりしてる。小国丸くらいぼんやりしてる。

この項目を、小学校の学校教育に加えたら一位も夢じゃないのでは。そもそもこの言語自体に馴染みがなすぎるだろう、日本の一般市民は。しかもこんなかに自由度、信頼度、、だからその、度ってなんだよっ。←完全に迷子です。

この件については、迷子になって遊んでもうらためのコンテンツを世界レベルで提供してくれているんだろう、と言うことで今回はまとめとさせていただきます。

次回は、真面目に幸福、そして幸福度について攻めさせていただきます。

では!

あ、毎朝で駄話と共に行ってらっしゃいライン流してます!よかったらご登録くださいませ!




投稿者: manbosblog

広島の県北、北広島町でカサコソ制作作業をしつつ、インドネシアのコーヒー、紅茶、塩の輸入をしてます。時々、産地視察と探検で日本を離れております。以前のブログは→https://manboblog.exblog.jp/ (株)ライフデザインマンボ 代表取締役

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。