程よいストレスは、味方だ。

コーリング53表.jpg

適度なストレスがある方が、寿命も長く幸福度も高い。という話がありますが、それはそうだろうよと思う。

11月からハイパー〆切破りのmanboです。何もかも、遅れに遅れ、こんな風にブログを投稿できる自分の肝の太さにビビります。いや、実はビビってるから投稿できないのですが、まあ土日のアクセスが多くて、みんな読みたいんだろうなって思うからさ、ノーと言えない日本人代表として、ビビりつつ書いております。ビクビク。

毎日毎日ストレスフルで「あー、また終わってないやんけー」と思いながら寝起きしてると、夢はどんどん膨らみ、健康管理にも目くじら立てるようになります。

これが終わったら、洗面所のDIYしよ!とか、衣類整理しよ!とか、海に本持って行って一日浜辺で読も!とか、いや、普通にベッドの中で1日中読んでよ!とか…何気ない日常が、キラキラと眩しく輝く、それが〆切をぶっちぎって爆走している時。やりたいことリストはどんどん埋まりますし、ふとしたタイミングで自己完結型の夢をほわわわーんと描いてたりします。

この、自己完結型というのがなんとも良くて、というのもこう自閉な生活を続けていると、自分以外への依存や執着が恐ろしく薄れてくるのですね。とはいえたくさんの人に助けてもらってなんとか納品できてるのです。それはもう、土下座からの一回転くらい感謝してるし、というかもうなかったら全てポシャるくらいの状況。だからまあ、いい意味で、依存や執着が薄れるんです。自分の足を引っ張るような思考や見解が消えるわけですね。

いやしかし今回のぶっちぎりは長い…長いというか、夏の終わりからのしわ寄せなのでね、一個がずっと仕上がらない、というわけではなく…タイミングがずれた太鼓の達人みたいなもんですね。

もう、風邪、土日も無視して朝から晩までガシャガシャやっていると。寝るにも食べるにも健康第一、ファイト〜一本!!ってなりますし、季節の変化って素晴らしいなとか、家族ってありがたいなとか、健康って心底素晴らしいなとか、普段気がつかない幸せに死ぬほど気がつけるのです。変なタイミングでアドレナリン大放出。だからというわけではないが、フリーペーパーコーリングvol.53も、滋養特集。今回は為になりますよ!!

日々、自由というものを剥奪されてるだけに、謙虚になりますね。…そう、ベッキーのようになるわけで。

「小公女セーラ ベッキー」の画像検索結果
このセル画は販売されてるそうです。左がベッキー、右がセーラ。by 小公女セーラ

いやしかし、今思えばこの「小公女セーラ」と「それでも夜は明ける」は、近いものがあるような気がしますね、、。富豪だったセーラが、孤児になった途端奴隷になり、後見人の登場によりまた富豪になる。普遍的なことなんでしょうが、対象が子供なだけに辛い。かたや、自由な市民だったバイオリニストが奴隷として12年働かされ、あの手この手で再び自由を手に入れ、家族の元に戻る。これは、父親という立場があるからこそ、辛い。

それでも夜は明ける、このお正月休みにぜひ観て欲しい映画です。実話を元に作られた映画で、死ぬほど素晴らしいです。

合わせてジャンゴも観て欲しいのですが、どちらにせよリンカーンという人がどれだけすんごいことをしたのか、ということがよくわかります。そりゃ、殺されちゃうよ、、、。本当にありがとう、リンカーン。

しかし、最近出てる「残念な偉人」という本の中でリンカーンはメアリー(奥さん)との結婚式に行く時、知人に「どこにいくの?」と聞かれて「地獄だよ」と言ったほど、メアリーをおそれていたとか、大統領になってからもほうきで叩かれてる姿を近所の人たちが目撃していたとか、いろんな人間らしいエピソードがあったりするので、そっちも合わせて読んでいただきたいですね。

あと少し、頑張りましょ〜!

 

投稿者: manbosblog

広島の県北、北広島町でカサコソ制作作業をしつつ、インドネシアのコーヒー、紅茶、塩の輸入をしてます。時々、産地視察と探検で日本を離れております。以前のブログは→https://manboblog.exblog.jp/ (株)ライフデザインマンボ 代表取締役

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。