インドネシアで銀行のピンコードを忘れたら。

IMG_6561

これがBNIのカード。インドネシアでの銀行振込は現地の口座がなければできません。

やれクレジットカードだのバンクだのと金の亡者のようで申し訳ないんですけども。
インドネシアで大変メジャーな銀行にBNIっつーのがありまして。。
私、ときおりインドネシアにいくわけですが、そんなときはそちらの銀行を使ってるんですね。
クレジットカードにデビット機能がついてるので、支払いもカードでできるし。あっちでは約1,000円が100,000ルピア。通貨の価値が低いので猛烈な数字の羅列になるので、外資系スーパーなどではカード払いがスムーズ。あ、デビット機能というのは、クレジットとは違って、銀行の口座と直結しているプリペイドカードのようなものなのです。
普通のクレジットカード(私はマスターカード)でも、もちろん支払いはできるのですが、そうすると、レートによって思ってた金額よりも多く請求されてしまったりするわけで。

というのは例えば今、1ドルが100円だとしても、明日1ドルが200円になると、今1ドルの支払いをカードでしても、カードの決算が来月だとしたらどうなるかわからないのです、他にも、わざわざカード会社が損するようなレート換算は絶対にしないので、決算の際には思ってるよりは高くなるのですよ、ほとんどの場合。

だから、海外でブッキングドットコムでホテルの予約をしたりするとき、クレジット決算を選んだら、円で払いますか?ドルで払いますか?と聞かれるわけですが、そんときは迷わず現地の通過を選んだ方がいいようです。円で払う、を選ぶと、二重に手数料?的なお金が加算されたりしてしまいますので。

IMG_6557

とりあえず、ドラゴンフルーツのスムージーは身体にいい上に美味しいので、毎日でも飲むべし。

さて、この夏のインドネシアツアーも、色々とやらかしました、が、通帳を忘れた、というのも、周りをげんなりさせる出来事の一つでした。

「カードがあるから大丈夫だよね!」と思っていましたが、カードの暗証番号を忘れ。ちなみに金利が高いと有名なインドネシアの銀行は、全部じゃないんだろうけど1年使わなかったら口座が凍結します。そして、30万円以下だと、利用料が年に1万円くらいかかって、どんどん減っていくという、ものすんごいサービスです。しかし、まあ定期とかで入れておけば、5%の金利がつくので、皆さんこぞって口座作るわけです。
ですが実は前回インドネシアへ行ったとき、もうバタバタで行ってまして、通帳もカードも忘れておりなんだかしばらく使ってないかも、、、と、言うと「そんじゃ、多分凍結してるよ、外国人の口座に対してはめっちゃ厳しいから」と、その道のプロR氏にアドバイスをいただきました。
凍結!?ど、どうすれば良いのだ。

IMG_6576

スポンジボブはどこでも大人気。屋台で売ってた風船。

とりあえず、口座の保証人になってもらっていたD氏(超多忙)にその旨をお伝えし、カードとパスポートを持って一緒にめっちゃ混んでる銀行へ。
この、銀行がめっちゃ混んでてめっちゃ並ぶ感じ。昭和だな。と、幼少期を思い出します。。。
で、並んだ挙句どうなったかというと「通帳がなければどうすることもできません」と、瞬殺。

IMG_6577

あっという間に、ホテルのめっちゃ高い天井に登って行きました。。。。

まあ多分、半年以内にまた来るだろう、とは思いつつも、いやしかしこんな気持ちのまま、日本で過ごすのは、、、、勘弁だな。と、意を決し、「そこをなんとか!!」と、懇願。

すると。

「どうしてもって言うなら、ポリスに紛失届を出して、紛失証明書をもらって来たら、カードと通帳、再発行できるから、それから新しいPINコードを設定したらいいよ」
と、アドバイスをくれました。

でた。ポリス。
今まで、一度として「紛失届」を書かせてもらったことがない、ポリス。そう、警察。
ジャワで、スマトラで、バリで、空港で、いつもなんどでも。。。あれがないとダメだ、これがないとダメだと、全く相手にされなかったメモリアルな場所、警察・・・インドネシアで豪邸を見たら警察のものだと思えと言うほど、袖の下でウハウハな業界。

まあ、日本では想像もできないのですが、とにかくどんなに頼んでもダメなんですね。困ってる人には、より厳しいのです。で、この「ダメ」な理由に毎回ビビりあげて、そして今日を迎えたわけです。
そもそも、何のために紛失届が必要なのかといえば、大抵は海外保険適用のためなんですが、何をなくしても「ならそれ買った時のレシート持って来て」とか「保証書もって来て」とか言われるんですよね。
現地民が言うには「めんどくさがってるだけ」とのことですが、それにしてもどこもそんな対応なんだからもはやマニュアルでしょう。
しかし、今までそうだったから、今回もそうだろう、などと物分かりの良い人間なら、こんな現状にはなってないわけで、とりあえず「じゃ、警察行って来るわ!」と、その場を去り、警察へ。

IMG_6563
幸い近くにでっかい警察署があり、状況を説明すると、「口座番号がわからないと、書類は作れない」とのこと。。

あ、カードがあります!と、意気揚々とカードを見せると「口座番号は通帳にしか書いてありません」

で、出た。このパターン。。
しかし、今回は違いました。相当ラッキーだったのは、私の通帳や貴重品を、旅立つ前日に遊びに来た友人に預けていたこと。うちの家は仕事関係のいろんな方々が出入りするので、長くあけるときには貴重品は置いておかないようにしてるんですよね。
ラインで電話して「すまんが通帳の番号を写メして送ってくれ!」と頼み、そこはギリギリクリアー。
そこからはたくさん書類に記入しなくちゃいけなかったけど、なんとか書いて、警察官が入力して、プリントアウトして、チェック。

IMG_6562
うん、普通に数字とか間違ってるよ、、、(しかも相当重要な、口座番号やパスポート番号)で、修正、からのプリントアウトで、紛失証明書完成!
からの、銀行へ戻り、延々と待ち、再発行手続き。
確認のためにたくさん質問とかあるんだけどなんとかクリアで、1時間くらいかかったけど再発行できました。
翌日は帰国だと言うのに、貴重な1日を銀行と警察で使ってしまったが、今までの怨恨を払拭する、相当貴重な体験だったから、ありがたい1日になった。無事、インドネシアのバンクへ仕入れの支払いもできたしね。

IMG_6570
今回のミステリーは、何でもかんでも忘れる私が、パスワードをメモっていなかったこと。
ちなみにあっちのパスワードは6桁なので、全くわからなかったんですよね、、一昨年はカードで下ろしたり使ったりしてるから、一昨年の私は覚えてたってことなんだろうけど、どんだけトライしてもダメだったんだよね、、いや、ダメだったんじゃなくてやっぱり凍結してたのかな、、でも凍結の場合はエラーって出るらしくて。。。

今となっては藪の中ですが。
ま、とにかく、何かあった時のために、インドネシアの口座番号は控えておきましょうね。そしてもし凍結してたら、パスポートや通帳がなければどうにもならないと言うことをお忘れなく。。

投稿者: manbosblog

広島の県北、北広島町でカサコソ制作作業をしつつ、インドネシアのコーヒー、紅茶、塩の輸入をしてます。時々、産地視察と探検で日本を離れております。以前のブログは→https://manboblog.exblog.jp/ (株)ライフデザインマンボ 代表取締役

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。